ひりひりくらいがちょうどいい

「大人しい子供」でした。日々の書きたいことを書きたいように書いていきます。

子ども産むこと

 今まで生きてきて、自分の子どもが欲しいと思ったことがなかった。子どもはかわいいと思うし、子どもの心理や教育学的なことに興味はあるけど、自分の子どもを持ちたいかとなると話は別。赤ちゃんより動物をかわいく思う人間だし、子ども好きだけど接し方がわからなかったり。自分も子どもみたいなものだしなと思ったり。

 結婚して子ども産んでって、スタンダードな女性の幸せに興味がなかった。子ども産むより、自分自身の魂込めて小説や詩や物語を創りたい、そちらの活動に邁進したいって気持ちがあった。自分が創るものだって自分の子どもみたいなものなんだからって。子どもを産んだら自分の好きなことをする時間がなくなってしまう、制限されてしまう、自分のためだけに時間やエネルギーを使えなくなる…そんな思い込みが強くて、結婚したからって、さあすぐ子どもつくるぞ!という気にはなれなかった。

 今、かたくなな考えが少しずつほぐれつつある。

 

 休日の朝方、思ったより早く目が覚めた。となりにはすやすやと気持ち良さそうに眠る主人の顔。主人はとてつもなく優しい。優しすぎる。せつないくらいに。

 

 もうそろそろ一年になる。31歳になった最初の日の夜、結婚しよう、と言われた。一生使えるよって、名前が彫られた柘植の櫛をもらった。大切にしていたのに。

 結婚式の二日前、なくしてしまった。駅のトイレか電車の中か。何度も探し、問い合わせたけれど見つからなかった。もともと私は忘れ物や落とし物が多く、今までもいろんなものをなくしてはすぐに見つかったり見つからなかったりを繰り返してきた。もっと気をつけていたら、と何度も悔やんだ。よりによってプロポーズの時にもらった大切な大切なものを、結婚式の二日前になくしてしまうなんて。悲しすぎる。

 主人に恐る恐るその日のうちに、失くしてしまったことを告げた。

「鞄の口を開いていたのはいけなかったな」

「そうだね」

「………」

「………」

 沈黙。少しして、どうしたんだろうと様子をうかがってみると、声を出さずに泣いていた。泣いているところを見たのは初めてだった。普段穏やかな彼がこんなになるなんて。あれはただの誕生日プレゼントじゃないんだよって。自分にとっては婚約指輪みたいなものなんだよって。彼にとっても櫛は当然思い入れのあるものだったのだ。

 その日は二人で櫛を失くしてしまったことを悲しみ抜いた。

 主人を泣かせてしまうほど悲しませてしまった自分がたまらなかった。

 主人は悲しんだけれど、私を責めて怒ることはしなかった。

 

 主人の寝顔を見ていて、つくづく思った。優しいなぁと。私なんて、どうでもいいようなことですぐ怒って態度に出してしまうのに、主人はどんなにひどいことをされても自分のためには怒ることをしない。ただ静かに悲しむだけなのだ。

 この優しい優しい繊細な遺伝子を大事にしたい、そう思ったのだ。

 

 形のある物はいつかは無くなってしまうし、物は物でしかない。と、櫛を失くした時何度も自分に言い聞かせた。大事なのは物と共にある気持ちなんだって。

 大真面目に言うと読んでいる皆さんが恥ずかしくなるようなこと。恥ずかしくなるようなことだけど、実は皆同じような思いを持っているのだろうな、ってこと。

 愛する気持ち、を残したいのだ。私と主人、二人でつくる命、それはつまり私たちがこの世界で愛し合っていた、っていう一つの証明。

 あとで冷静に読み返したとき大変気持ち悪く、こっぱずかしいのだろうけど、大真面目に言ってそういうこと。

 命は引き継がれていく。私と主人がこの世界からいなくなっても、私たちの命=私たちが愛し合っていた気持ちの証、は世界にずっと残り続けるのだ。そうしてあわよくば何代にも継がれていったのなら、人間として産まれて主人と出会って愛した記憶が世界に刻まれることになるんじゃないかなって。それは私にとってすごく価値のあることだなって。

 寝ぼけた頭でぼんやりと、しかし確信と呼べるものを持って、考え感じた数分間。

 

 今すぐに何をどうこうではないけれど、一つの方向性が見えてきた。それは夫婦にとって良いことかな、と思う。

 自分の歩く道筋が徐々に変わってきた。変わってくるからこその醍醐味もあるのかもしれない。

  自分の好きなことに時間を使いたいって気持ちは健在。子どもができるからって自分の好きなことに時間を使っちゃいけない決まりはないんだし、すべては自由で自分次第。可能性はいつだって無限に広がっているし、道が無いなら自分で新しく創ることだってできるのだ。

 子ども欲しいと思ってすぐに出来るほど簡単なものじゃないけど。誰にでも出来るものではないし、もしかしたら出来ない可能性だってある。その時はその時。

 ひとまず。とりあえず。ぼちぼち情報収集していこうかな。年齢的にはぼちぼちなんて言ってる場合じゃないのかもしれないけど、焦ってどうなるものでもないしね。

 

 少しずつ、自分の中の目新しいこの気持ちを育てていこう。そんなふうに思っています。

 

 

コンサート終わって、新婚旅行終わって

 結婚式後に控えていた二大イベントが終わりました。
 一つは、所属している合唱団のコンサート。もう一つは、ハワイへの五泊七日の新婚旅行です。

 元々コンサートの時期は一年以上前から決まっていて、それを見越して結婚式の時期を決めた。式後すぐに新婚旅行に飛び立つには忙しいので、コンサート終わって一週間後に出立することを式終わって一週間後に決めた。
 独身時代から形を変えながらもかれこれ10年以上続けている合唱団。合唱だけじゃなくて、お芝居やダンスでも表現して舞台を創る。練習場所から遠いところに新居を構えてしまったので、当然移動に時間がかかり週末は一般的な新婚生活よりも忙しくなった。
 忙しいし疲れるし、時間が足りなくて私のせいで新生活の準備もままならないまま。ついイライラして主人にしょっちゅう当たってしまう悪循環。そして後悔と自己嫌悪。
 コンサートの一日前、ついに主人に叱られた。
 「自分の好きなことをやっているんだから、それでイライラして怒ったら駄目だ。
 そんなに怒っていたら楽しくないんじゃないかと思ってしまう。だったら辞めたほうがいいんじゃない?って思ってしまうよ」
 まさに。確かに。当然。私には余裕が無かった。イライラしてしまうとしても、好きで続けていて主人にも協力してもらってるんだから、当たるなんて問題外だ。
 めったに怒ることのない穏やかな主人に叱られた。
 「新婚旅行前だから言うのどうしようかと思ったけど」
 いや、言ってくれて、良かった。叱ってくれて良かった。

 新婚旅行の後半。ショッピングセンターからホテルに戻るトロリーの中、二人並んで夜風に吹かれていた。キラキラ光る夜のワイキキの町並みを眺めていると、涙がこぼれてきた。
 旅の序盤、お腹が空いているのにパンケーキのお店がなかなか見つからずイライラしてしまった。自分も主人も下調べをしていなかったからだと苛立った。些細なことで怒ってしまった。ギスギスしたムードをつくってしまうのはいつも私。周りのハネムーナー、お嫁さんは皆優しくニコニコ笑っているのに。短気な自分を他の女性とくらべて落ち込んだ。
 パンケーキはなかなか食べられず旅は後半へ。諦めかけていた頃に、買い物したお店で主人がパンケーキのお店がどこにあるか聞いてくれた。ようやく食べたパイナップルのパンケーキ。生クリームがたくさん乗っていて美味しかった。
 思い通りにいかないとすぐに態度に出してしまう私。それは主人の前だけなんだけど。優しいから何も言わないだけで本当は我慢している。その優しさに甘えてしまっている。
 こんな自分に、主人は果てしなく優しい。パンケーキのお店、ちゃんと見つけてくれた。本当に優しいなぁ、と、涙がこぼれてしまったのだ。

 しっかりしている、テキパキしている、そんなことよりも、優しさのほうが100倍偉大だ。
 しっかりしていなくても、テキパキしていなくても、何があってもイライラせず怒らずに、人に対して思いやりを持って優しく接することが出来る。簡単そうで難しい。実はとても尊いことなのだ。
 のろけ話になってしまうけど、今さらながら私の主人はある意味偉大な人なのだと思った。
 何はなくとも、大事なのは優しさなんだ。

 イベントが終わり日常生活が再び始まり、何だか寂しい気もするけれど、本当の始まりはここから。優しい主人を見習わなくちゃいけない。何気ないこと、何でもない時間。気持ちを落ち着けて穏やかに。日常の中、小さなことを大切にしていこう。

意思、表明

 主人出張中で、久しぶりに自分の時間が充分に取れる!よし、普段なかなか出来ないことをたくさんしよう!と意気込んでいたのに一週間はあっという間。要領が悪いのかのんびりしすぎたのか、ブログ書くこともやりたいことの一つだったのに、なかなか着手できなかった。とりあえず書いておきたいことがあったので、寝る前に手短に。

 仕事のこと。ちょっと前のことなので気持ちは落ち着いてきているのだけど、モヤモヤしたことが。
 自分が進めていた仕事を、同僚に取られたのだ。同僚というか役職的には上司でもあるけど、やってる仕事はほぼ同じ。年上の後輩でもある。
 その人は成績が良くスキルを持ってるので、私の仕事なんか横取りしなくても数字を挙げられたはずだ。私が地道に水やりした花、咲く直前で横取りされた。私が咲かせるはずだったのに、花を見ることもなく。第三者から見てどう映るかはわからないけど、少なくとも私は横取りされた、と感じた。
 その人だったからこそ綺麗で大きな花が咲いたのかもしれない。傾くことなくパッと開いた花は、私たちが造るガーデン全体をもり立てたのだからチームとしては良かったのかもしれない。私が最後まで水やってたら花は咲いても小さかったかもしれない。
 けれど。
 そんなことは関係なく、チームではなく私個人として納得いかない。私が見つけた苗なのだから、私が最後まで水をやりたい。咲かせたい。そう思うことはおかしなことなのか。上にいる立場なら横取りして自分が咲かせるのでなく下が上手く咲かせられるように手助けをするものなのじゃないか。
 2~3日、モヤモヤしていた。夫にも相談してしまったり。
 悩んだ末、もひとつ上の上司に申告することにした。申告というか、もひとつ上の上司がこのことを知らなかったら知ってほしかったし、私がこの件でどう感じたかを知ってもらいたかった。上司から同僚上司に注意してもらいたい、とか何かを期待していたわけでなく、ただ純粋に。
 
 話した結果は予想どおり。何事もなし。ことなかれ主義の上司に何も期待していなかったしそれでいい。失敗は、話す時、涙声になってしまったこと。凛と話したかったのに、涙声なんて言いたいことがぼやけて伝わりにくくなるからイヤなのに、30代にもなって、自分の感受性を仕事ペースにコントロール出来ないのが情けない。
 「モヤモヤしてるんです」と言ったら「それで?」なんて話の結論を促してくるから(当然だろうけど)「ただ言いたかっただけです」と子どもみたいに終わらせて逃げた。
 スッキリも特にしなかった。
 けど言って良かったな、とは思ってる。自分の意思を表明できて。
 普段大人しくしてる私、上司たちからしたら何考えてるかわからん奴なんだろうな。何考えてるかわからん奴が、ほぼ初めて、自分から意思を伝えに来た。これはこれでチームのコミュニケーションの深化の点では良かったんだろうと思う。
 意思はあっても、普段なかなか人に対して働きかけない自分が、自ら行動した出来事。
 何はともあれ、記録として残しておきたかったわけです。


  

結婚して3か月

 久しぶりの更新です。2017年初めて。あけましておめでとうも遅すぎる。半年経とうとしています。

 前回のブログ記事を書いた日から今日まで、怒濤のごとく駆け抜ける日々を送っておりました。私の生活にも人生レベルの変化が。
 結婚することが決まり、1月両家顔合わせ&新居探し、2月引っ越し、3月入籍、4月に無事結婚式を迎えることができました。
 10月の誕生日に結婚しようと決めて、4月に結婚式。早いのか早くもないのかわからないけど、私と彼の二人にとってはおそらく人生で一番忙しく、濃密な半年間でした。それでいて幸福でもあり。すべては桜と一緒に写真が撮りたい!という私の直感に照準を合わせてのもの。普段は理屈で行動しがちな私の、たまの直感ここ一番でした。
 当日は生憎の霧雨。けど序盤は晴れていたので、無事、白無垢と紋付き袴姿で桜と婚礼写真が撮れました。午後からは雨が降ってきてしまったので、予定していたウェディングドレスとタキシードWith桜の婚礼写真は撮れなかった。けど、父が雨に濡れながら、私たち二人と桜との写真を写そうと懸命にカメラを構えてくれていてホロリと感じてしまったり。雨じゃないと父の思いが行動に表れたところは見られなかっただろうし。私ら二人が付き合った記念日も思いきり雨だったし。天気はどうにもならないから仕方ない、白無垢With桜バージョンだけでも残せたので良かったです!

 二人で暮らし始めて3か月と少し。最初は今までのお互いの生活環境の違いから、あれ?と思うことやぶつかることもあったけど、その都度気持ちや意向を確認して、二人の生活を二人で作り上げよう、と私もきっと彼も思ってきた。今、まさに邁進中。作ってる途中。どんな形にしようかな、していきたいかなって、いちいち確認しながら創っていくのだ。これは二人ならでは。一人なら、自分の好きなように、創りたいように創ればいいだけだから。二人ならではの煩わしさや苦労もあるのかもだけど、わかり合えた、通じ合えた、お互いの思いやりに気づけた時の嬉しさは格別。
 他人と深く交わることでしか気がつけない人生の味があるのかな、と思う。

 今日は、とある観光地に一人で来てます。大好きな真綾さんのliveに参戦するため。終演時間が遅いのでそのまま一泊。彼は今日ともだちの結婚式です。
 道行くカップルや家族連れ、グループを見て、少し寂しくなります。一人旅は思えば3年ぶりだった。彼と付き合うまで一人旅が大好きで、よくぶらりと気ままに出かけては一人で居る自由さを楽しんでいた。今日も久しぶりの自由さを楽しもうと思っていたのに、二人で居る楽しさを知ってしまった後の一人旅は、また違った感じ。ちょっと弱くなっちゃった自分が残念。
 通りの脇に隠れ家的な静かなカフェを見つけられたので良かった!古民家の庭のスペースがカフェになってる。沢山の人の群れから離れてホッとしてます。美味しい珈琲飲みながら、久しぶりにブログを書いたら落ち着きました。
 ブログ、なかなか書く時間が見つけられなかったけど、これから、また定期的に更新していきます。短めの文でも、日々の気持ちの記録を大事に残していきたいな。

大晦日、実家にて

 年末は例年30日まで仕事。普段より遅い帰宅後、帰省の準備やら洗濯、部屋の掃除や片付けなどしていたら、実家に帰りつくのが23時を過ぎてしまった。パソコンでラジオ聴いて休憩もしたけど。
 一旦落ち着いて、翌朝実家に帰っても良かったのだけど、結婚すると気軽には実家に泊まれなくなるだろうな、と思っての今年の段取り。家族とゆっくりする時間を多めに取りたかった。
 結果、ちょっとは手伝えよ!というくらいゆっくりしてしまっている。年が明けたらバタバタ忙しくなることは目に見えているから、ゆっくりできる時にしっかりゆっくりしておこう。手伝いもするけど!
 
 だいたい毎年大晦日には、カフェなんかに一人で行って、その年を振り返っての文章や日記を書いてきた。今年は実家の一室にて。カフェに行くための自転車が無いし、化粧するの面倒。そもそも今年は10月の誕生日の時に一度振り返っているから再び振り返らなくても良いかなと思うし、特に振り返りたいとも思わない。
 今は未来への希望が大きい。ん? 大きいのかな。不安は無い。良いイメージしかない。2017年、きっと今より良くなるだろうな、と思っている。予感がある。しかし過度な期待はしていない。悪いイメージも特に無い。
 気持ちのバランスが取れている。

 仕事は…結構崖っぷち。人間関係や職場の雰囲気・態勢に対してのストレスが大部分。仕事自体がイヤだったわけではないのに、異動前の職場と業務の捉え方が違いすぎて戸惑っている。私は私だからな。周りに気を使いすぎていたり、遠慮してしまっている部分があったように思う。遠慮することなんてない。もっと自分のやりたいように、楽しんでやってしまったらいいんだ。人を気にしすぎることはない。
 2017年は、ストレスを溜め込まず、嫌みは聞き流し、もっと自分から職場の人とコミュニケーションを取っていこう。すぐには出来なくてもその方向性で進もう。職場でも心を開くこと。前に同僚の女性と心のドアの形について話をしていて「ほうき星さんは手動のドア。ドアを自分から閉めてしまっていることがある」と言われた。自分では自動ドアなんて言ってしまった後で。確かに。
 私は自分から人とコミュニケーションを取るのが苦手だ。優しい人は進んでコミュニケーションを取ろうとしてくれるから仲良くなれるけど、自分からコミュニケーションを取らない人とはなかなか仲良くなることが出来ない。
 自分主導。自分きっかけ。大事だな。
 人に優しくなれること。それが大人になるっていうことなのかもな。

 19時過ぎから楽しみにしていた紅白が始まる!それまでにお風呂に入っておこう。今年は好きな芸能人である相葉ちゃんが司会なのだから!!さらにブレイク前から好きだった星野源も出演!大好きな「恋」が聴けるのが楽しみ。噂によると、相葉ちゃんも恋ダンスを披露するかもらしいから、好きな芸能人同士が夢の共演!!楽しみすぎる。
 
 さて、これから恋人に宛てた最後の年賀状を書いて、素っぴんをマスクで隠して散歩でもしてこようかな。

 2017年も、ぼちぼちブログ続けていきます!

まったりクリスマス

 今年のカレンダー、イブとクリスマス当日が土日!土日がお休みの仕事なのでこの事実を知った時から、クリスマスを楽しみにウキウキしていた。
 彼の仕事が忙しく、平日に会うのが難しいので、昨年もその前も彼とはイブイブの祝日にクリスマスデートをしていた。
 今年、三回目にしてようやく!イブと当日を一緒に過ごしました。
 かと言っても特別なことをするわけでなく。
 イブは彼は仕事で、私も他の予定があったので、夜の21時半に待ち合わせ。予約していたケンタッキーのチキンを遅い時間から一緒に食べた。
 翌日はケーキと残りのチキンを。ケーキは、一人用の小さいケーキを3つ買っていて、1つずつと、残った1つは半分ずつにして食べた。小さいブッシュドノエルと切り株の形のケーキ。どれも美味しかった。
 一日終始、まったりゆったりのんびり。オセロしたり、ゆるキャラに年賀状書いたり。二人でお揃いで買ってたクレパスゆるキャラのイラストを描いた。はがきベッタリ。配達する人困るだろうな、なんて話しながら。
 
 どこか街のイベントに出かけたり、イルミネーション観に行ったりしても良かった。時間は充分あった。けれどそうしなかった。
 最近は結婚の準備などで出かけることが多くバタバタしていたので、なかなかゆっくり過ごす時間を取れないでいた。一人でも二人でも。疲れもおそらく溜まっていた。
 クリスマスはゆっくりしよう、と二人で決めていた。お出かけデートも好きだけど、今の私たちにはまったりデートがどうしても必要だった。
 結果、満足!
 デートじゃなくても、慌ただしい毎日、どこか隙間の時間を見つけて、ほっと一息入れるひとときは大事だし、貴重だな、と思った。忙しくするだけが時間の有効活用じゃない。
 
 彼が帰ると言った時、急にすごく寂しくなった。当たり前のようにおうちで過ごしていても彼は私の家族じゃないし、別に帰る自分の家が在るのだ。
 これから結婚するので、彼は私の家族になる。家族になってくれる。彼が家族になって、当たり前のように一緒に過ごすようになっても、昨日感じた寂しいって気持ちを忘れずに、大切に守っていきたいな。

婚約指輪、受け取りました

 セミオーダーで手配していた婚約指輪が先日無事完成。完成した日の翌日、さっそく彼と二人で受け取りに行きました。
 店員さんに促され黒い箱を開けると、そこにはキラキラの指輪が。
 0.25カラットでオーダーしていたので、小さいかもなと思っていたけどそんなことはなく。同時に手配していた結婚指輪と重ね着けすると、見た目にかなりのボリュームがあった。普段指輪を着け慣れていなかったので余計にそう感じたのかもしれない。幅太めを選んだ二つのプラチナリングは存在感があった。
 彼に似合ってると言われて嬉しかった。ダイヤモンドが目立つので仕事中は着けられないけれど、休日は着けよう!今週のクリスマスイブから!その日は家族と食事する予定が入ったのでちょうどお披露目ができる。その後の合唱団の練習では指輪はめて行ったなら必然的に結婚報告する展開となる。クリスマスイブに婚約報告。ちょっとしたセンセーション、巻き起こるかな?
 
 同じ日に婚約記念品の腕時計のほうも、指輪と合わせた刻印が完成したので、受け取りに行った。
 上品でシンプルに輝く銀色は、彼に似合った。これから何年も着けていくうちに、その年齢ごとの良さでますます似合っていってほしいな、と思う。

 出揃った婚約指輪と婚約腕時計。通常は両家顔合わせの際に交換するものなんだろうけど、せっかく受け取ったのに顔合わせの日まで身に付けないなんてもったいない、と思ってしまう。ので着けます!ただでさえ婚約期間が短くなりそうだからな。
 顔合わせの際は、何事もなかったように箱にしまって交換するか、それぞれ着けていって「これですー」とお披露目するか悩み中…。私は箱にしまったほうが良いと思うのだけど、彼は別にいいんじゃないと。両親に要相談だなぁ。