読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひりひりくらいがちょうどいい

「大人しい子供」でした。日々の書きたいことを書きたいように書いていきます。

30歳、最後の夜

 仕事に行って、帰り道に夕食&日用品の買い物をして、いつもどおり一人で夕食食べて、明日の準備とか家事とか、あれこれして、今。

 普段と変わらない過ごし方ですが、30歳、最後の夜です。

 違っているのは、ドキドキ?ワクワク? 少しときめいているような、何かを期待しているような、待っているような、胸のざわめき。

 いつもはTVのニュースやラジオの音楽を聞きながら家事してますが、今日は特別。

 大好きな歌手・坂本真綾さんの、これまた大好きな、今一番お気に入りのアルバム「FOLLOW ME UP」を聴きながら家事してました。

 

 30歳を、振り返ってみる。

 あっっっという間だったな。今までで一番フルスピードだったように感じている。そんなもんか。

 

 一年前の誕生日。人生で初めて、大好きな人と二人で誕生日をお祝いしました。

 いよいよ30代!ということで、新たなステージに希望が見えた。誕生日の少し前に、伸ばしていた髪をやってみたかった前下がりボブに衝動的にカットして。

 何でもできるような気分。晴れやかな心地の、心躍る幕開け。

 その後すぐに、合唱団の本番のコンサートのステージに立った。

 そして大好きな人との一年記念日…。…イロイロあった。

 スマホを変えたクリスマス。5年ぶりに見た初日の出! 年末年始は、スマホの不具合に振り回されてばかりだった。待ち合わせが上手くいかなくて、恋人と大ゲンカ(一方的?)までした…。機械に振り回されたら人間終わりだ、反省しております。

 衝撃的な出来事があって、不安で心配ばかりしていた日々もあった。

 そんな中でも楽しみは能動的に見つけ出して、大いに楽しんだ。絆が深まっていった。

 2月終わり頃は、自宅のガスの調子が悪くなって、一週間銭湯に通ったこともあった。

 4月に職場異動。気が合わなくて苦手意識を持ってしまう人が、人数少ない中に二人もいて。

 人間関係に、仕事自体も、なかなか出口が見えなくて、とりあえず息吸わなくちゃともがいて泳いでるような半年だった。息継ぎ出来なさすぎて、社会人としてあるまじき子供じみた展開になってしまったり。

 

 予想通りだけど、振り返ってみると、当初希望に満ちあふれていた割には、なかなかについていないことが多い一年だったように思う。ついていない、というのは不可抗力。どうにもならないことや理不尽なこと。けっこう降りかかった年だった。

 楽しいことも同じくらいあったけれど、ジワジワしんどい出来事が一年の中で目立ってしまった印象。

 星占いを絶対的に信じているわけじゃないけれど、2016年9月9日から木星おとめ座からてんびん座に移動して、てんびん座の人は12年に一度の幸運期に突入するらしい。何となくだけど、予感はする…。しあわせの予感。このブログも始めたことだし(!)、自分の状態や気持ちも含め、これからいろんなことが調ってくる予感はしているのです。

 

 それでも人生に理不尽は付き物!自分ではどうにもできないような理不尽な出来事に不意に見舞われた時、くよくよするのじゃなくて、何とか理不尽に負けないように、気にしないでいることだったり(ふりでも)、あるいは理不尽自体をたのしんでしまうことだったり、自分なりの方法で軽やかに対応していくことがこれからの人生のカギになっていきそうです。

 「あしながおじさん」のジルーシャも言っていた!

 『私、幸せになるための真の秘密を見つけたのよ、おじさん。それは「今」を生きることです。過去を悔やみ続けるのでもなく、未来を憂うのでもなくて、今のこの瞬間から最大限のものを引き出すことなのです』

 

 なんだかんだで日付が変わって、私は今、31歳。

 明日は仕事。終わったらサーティーワンアイスクリームでお祝いしましょ。