読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひりひりくらいがちょうどいい

「大人しい子供」でした。日々の書きたいことを書きたいように書いていきます。

まったりクリスマス

 今年のカレンダー、イブとクリスマス当日が土日!土日がお休みの仕事なのでこの事実を知った時から、クリスマスを楽しみにウキウキしていた。
 彼の仕事が忙しく、平日に会うのが難しいので、昨年もその前も彼とはイブイブの祝日にクリスマスデートをしていた。
 今年、三回目にしてようやく!イブと当日を一緒に過ごしました。
 かと言っても特別なことをするわけでなく。
 イブは彼は仕事で、私も他の予定があったので、夜の21時半に待ち合わせ。予約していたケンタッキーのチキンを遅い時間から一緒に食べた。
 翌日はケーキと残りのチキンを。ケーキは、一人用の小さいケーキを3つ買っていて、1つずつと、残った1つは半分ずつにして食べた。小さいブッシュドノエルと切り株の形のケーキ。どれも美味しかった。
 一日終始、まったりゆったりのんびり。オセロしたり、ゆるキャラに年賀状書いたり。二人でお揃いで買ってたクレパスゆるキャラのイラストを描いた。はがきベッタリ。配達する人困るだろうな、なんて話しながら。
 
 どこか街のイベントに出かけたり、イルミネーション観に行ったりしても良かった。時間は充分あった。けれどそうしなかった。
 最近は結婚の準備などで出かけることが多くバタバタしていたので、なかなかゆっくり過ごす時間を取れないでいた。一人でも二人でも。疲れもおそらく溜まっていた。
 クリスマスはゆっくりしよう、と二人で決めていた。お出かけデートも好きだけど、今の私たちにはまったりデートがどうしても必要だった。
 結果、満足!
 デートじゃなくても、慌ただしい毎日、どこか隙間の時間を見つけて、ほっと一息入れるひとときは大事だし、貴重だな、と思った。忙しくするだけが時間の有効活用じゃない。
 
 彼が帰ると言った時、急にすごく寂しくなった。当たり前のようにおうちで過ごしていても彼は私の家族じゃないし、別に帰る自分の家が在るのだ。
 これから結婚するので、彼は私の家族になる。家族になってくれる。彼が家族になって、当たり前のように一緒に過ごすようになっても、昨日感じた寂しいって気持ちを忘れずに、大切に守っていきたいな。