読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひりひりくらいがちょうどいい

「大人しい子供」でした。日々の書きたいことを書きたいように書いていきます。

神社、かな

 普段履かないパンプスで足が痛くなって休憩。ヒールもそんなに高くないのに。
 今日はお休みだったので、挨拶用のワンピースを探しに行くべく町に繰り出した。幸い、思い描いていたとおりのシンプルなベージュのワンピースが見つかったので、試着して購入。ちょっと地味すぎるかもしれないけど、アクセサリーや小物で調整できそう。20代の子もバシバシ利用するだろうブランドだったので、値段は税込¥9504。普段からは着ないだろうし、少し改まった場面でちょくちょく活躍してくれたらいいなくらいに思ってたので、値段は予算以下になった。両家顔合わせの時のための洋服はもう少し奮発しようかなぁ。
 きれいめワンピースを買いに行ったのに、好きなブランド(カジュアル・個性派路線)のお店でぶた柄のワンピースに出会ってしまったので、試着の上購入。ぶた柄のワンピースなんてめずらしい。だって出会ってしまったのだ。私はぶたが大好きなのです。

 さてさて、プロポーズから二週間。いろいろ調べて検討しているところです。
 結婚式の会場は、神社かな、と思っている。
 こないだ彼と一緒に、お目当ての神社に行ってみた。彼の住む町、私たちが初めて二人で会ってデートした町にある、地元の人が初詣や七五三で利用するような小さな神社。
 調べてみたら結婚式もやってくれるようで。何と!ゼクシィの付録にもちゃんと情報が載っていた。

 なぜ神社の話が出たのかというと、彼が和風のものが好きだから。浴衣が大好きで、白無垢とか好きみたい。女性のウェディングドレス姿よりも白無垢姿に惹かれるようだ。それなら私は、彼の好きな白無垢を着て、彼に綺麗だと思ってほしい。どうせなら。ウェディングドレスを着て綺麗だと思ってもらっても、彼はウェディングドレスを着た私よりも白無垢を着た私のほうが綺麗なのにと思うだろうから、せっかくの二人の挙式なのに、新郎である彼に自分史上最高に綺麗だと思ってもらわなくてはもったいない。
 私の顔立ちは地味めで目の形も切れ長なので、私自身、ドレスよりも和装のほうが似合うだろうことはわかる。身長も156㎝。細身ではなく中肉中背のザ・日本人という体型。着たい衣装を着るのも大事だけど、より自分に似合うものを選んで着るって要素も大事だ。

 あと、私たちが付き合って1か月ほど経った時期に某映画村で和装変身体験をした思い出がある。写真をたくさん撮って、カード型にした写真を定期入れに入れて持ち歩いている。まだ1か月だったので、写真に写る二人はどこか緊張した面持ちで。あの時、照れながら「似合っている」と言ってくれたのが嬉しくて。あれから二年経って、より親密になった二人が再び和装で写真を撮るのは面白いかな、と。二人にしかわからない自己満足だけど、挙式って二人のためにするものでもあるので。ドレスとタキシードで挙げるより自分たちらしい。
 神社も高台にあって、よくデートした町が見渡せるので、いろんなことが思い出せて良いかな、と。行ったことのない教会やホテルを突然探し出して挙式するのは、自分たちには馴染まない。二人とも借りてきた猫みたいになりそう。

 教会やホテルの広い結婚式場での結婚式に憧れがなかったわけではない。何度もともだちの式に参加して、良いな、ウェディングドレス姿も綺麗だな、とは思っていた。結婚式や披露宴、ウェディングドレスに憧れを持っている女性はたくさんいて、こういう教会で式がしたい、とか、こんなウェディングドレスを着てみたい、とか挙式願望が強く、夢が具体的な女性たち。私はそこまで具体的な憧れは持っていなかった。数年前まで自分が結婚することになるとは想像もしていなかったくらいだし。結婚式というものについてこだわりが少ないほうなのかもしれない。
 ウェディングドレスはやはり着てみたいとは思うので、挙式後の食事会で着られそうなら着てみたい。ムリなら写真だけ撮るか。
 大規模な披露宴はしない予定。家族だけのアットホームなお食事会ができたらいいなぁ。
 こちらも憧れがなかったわけではないけど、お互いの職場やともだち関係の事情を色々考慮したところ、たくさんの人数を呼ぶのではなく今流行りのスマ婚(ジミ婚?)でいこうかな、と。神社挙式→お食事会(ミニ披露宴?)が自分たちのニーズに合っている。

 ひとまず、だいたいの方向性は定まってきた。お互いの両親への挨拶が完了するのが諸事情で1か月以上先になるので、そこまで具体的に動き出せないけど、ひとつひとつ、順番に、楽しみつつ軽やかに進んでいこう。

 次は婚約指輪の検討かな~。