読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひりひりくらいがちょうどいい

「大人しい子供」でした。日々の書きたいことを書きたいように書いていきます。

ブログ、デビュー!

 雨の休日。部屋で一人パソコンに向かっている。

 アラサーにして、いよいよブログデビュー!

 

 昔から、文章を書くことが大好きでした。

 学校で、誰とも話をせずに一日を過ごしていた引っ込み思案な子供時代。

高校入学を機に、少しずつともだちも増え、社会性を身につけて、今では当たり前のような顔をして会社で接客の仕事をしているけれど、小学校入学~中学校卒業の間は、とてつもなく内向的で、一人で想像の世界で遊んでいました。

家庭では大人しいどころか、両親や姉妹に偉そうな態度を取ってしまうこともしばしばあったので、いわゆる内弁慶というやつです。

 

  大人になった今思うと、子供の頃の私は「場面緘黙症」だったのかもしれません。「場面緘黙症」というのは、家では普通におしゃべりできるのに、幼稚園や保育園、学校などの社会的場面で話すことができない状態が少なくとも1か月以上続いている症状のことをいいます。子供の頃は、自分は単に内気なだけで、学校では話せない状態に名前がついているとは思いもしませんでしたが、最近になってネットでこの言葉を知って、もしや、と思って色々と調べてみた結果、自分も該当していたのではないかと思うようになりました。この「場面緘黙症」自体の研究も日本では遅れているらしく、そうすると今アラサーの私の子供時代には、先生の間での認知度も相当低かったんじゃないかと推測できます。

 うまく言葉が出て来ないため、同級生とコミュニケーションが取れず、話をすることによる自己表現ができなかった中、唯一私が自分を表現することができたのが文章の世界でした。作文や読書感想文がまったく苦ではなく、何枚でも書けました。口に出して使わなかったぶんの言葉が、文字で書くほうの言葉の世界にあふれ出ていたのかもしれません。

 

 来月、某有名アイスクリームチェーン店の名前と同じ年齢を迎えます。

 今回、ブログを始めようと思ったのは、年齢を重ねていく中で、改めて、自分が本当に好きなことは何なのか? やりたいことは何なのか? やり続けていきたいことは何なのか? と考えた時、やはり私は子供の頃から書くことが大好きで、日々の考えや感じたことを書いていきたい、せっかくならブログというかたちで、自分の文章を外の世界にも広く発信していきたい、と思ったからです。書く行為を日常生活の中に根差させていきたい。

 

 ブログタイトル「ひりひりくらいがちょうどいい」。

 いくつか候補を考えた中、上に決めました。最初「ほうき星の書きもの」で行こうかとも思ったのですが、当たり前すぎるし、せっかくなら少しはインパクトのあるタイトルにしようと思って。

 私は感受性が強い性質で、人のちょっとした言動で心が動いてしまうことが多々あります。良くも悪くも。

 昔「大人しい子供」だったため、今は普通に人とコミュニケーションを取れていても、ふとした時に昔の「大人しい子供」が顔を出してコミュニケーションが上手くいかず、悩むこともあります。

 映画やドラマ、小説などの物語に対してもよく心が動きます。

 そんな時の心は、たいていひりひりしています。

感情の水がコップからあふれる寸前の心。コップからあふれた後、心に染み込んでいく水。

 人の優しさに感激したり、嬉しかったり、ワクワクする気持ち、ポジティブな感情はもちろん大切ですが、それと同じくらい、悩んだり、苦しんだり、傷ついたりするネガティブな感情も大切だと私は思っています。いつまでもネガティブな気持ちのままでいるのは体にも心にも良くないので、切り替えは必要ですが、悩むことや傷つくことによって自分を振り返るきっかけになったり、問題に対して建設的に自分の頭で考えていく機会になると思うからです。

 小難しいことを書いてしまいましたが、というより、人間なんだから、悲しいことも腹立たしいこともあって当たり前! 悩むことや傷つくことがあって当たり前! それが人間である醍醐味!! だったらその感情を思う存分味わって、楽しんじゃえばいい、と思うのです。

 よって、ひりひりくらいがちょうどいい。

 ひりひり痛いくらいに心を使って、動かしていきたい、と思っています。

 

 基本的にアナログ人間なので、スマホやパソコン、苦手だったりします。20代前半の頃は紙のノートに自分だけの日記や文章を書いていました。25歳くらいからはミクシィで日記を書いていたり。

 ここ2年ほどは紙の日記からも遠ざかっていましたが、誕生日を前に、何か始めたい!!という気持ちが高まって、文章の世界に帰ってきました。

 今回は硬めの文章ですが、書く内容によって文体や構成も変えていく予定です。

 書きたい時に、書きたいことを、書きたいように書いていきます!